クース

出典: 沖縄事典

【沖縄中部】    【那覇】 (首里方言を含む)    【沖縄南部】  

 古酒(こしゅ)をクースと読む。


泡盛のうち3年以上熟成させたもの、もしくは泡盛と泡盛を混和したもののうち3年以上貯蔵した泡盛が50%を超えるものをいう。

9月4日はクースの日と定められている。


参考:
泡盛の表示に関する公正競争規約
第4条 事業者は、泡盛について次の用語を表示する場合には、それぞれの項目に記載する基準に従うものとする。
(1) 古酒
全量を3年以上貯蔵したもの又は仕次ぎしたもので、3年以上貯蔵した泡盛が仕次ぎ後の泡盛の総量の50 パーセントを超えるものでなければ古酒と表示してはならない。
古酒の表示に代えてクース又は貯蔵酒若しくは熟成酒と表示することができる。
貯蔵年数を表示する場合は、年数未満は切り捨てるものとする。