サンシン

出典: 沖縄事典

【沖縄中部】    【那覇】 (首里方言を含む)    【沖縄南部】  


 沖縄独特の三味線(しゃみせん)。三線と書く。



蛇皮を張ったものや、空き缶で作ったものがある。

空き缶で作ったものはカンカラサンシンと呼ばれる。