マキミナト

出典: 沖縄事典

沖縄の地名

牧港(まきみなと)

マチナトとも読む。

源為朝(みなもとの ためとも)が九州から運天港経由で沖縄に来たという伝説がある。
沖縄で作った奥さんが為朝の帰りを待つ港であったことから付けられた名前であると言われている。
牧港は待ちに変わったものである。
その子どもは舜天であると言われている。


沖縄の姓

牧港、牧湊さん