琉球リカちゃん

出典: 沖縄事典

琉球リカちゃん(りゅうきゅうリカちゃん)は玩具メーカータカラが発売するリカちゃんのご当地バージョンとして初めて発売されたモデル。

目次

商品概要

1999年に沖縄限定モデルとして発売されたご当地限定リカちゃん

1998年に沖縄の玩具店バナナフレーバースが、「沖縄の新しいお土産物を」と企画した試作品が地元新聞社に載ったところ、ジェイティービー沖縄から市販化を持ちかけられて、那覇空港開港記念として99年5月に発売になった。市販版のパート1、パート2の企画・構成をバナナフレーバースが担当し、ジェイティービー沖縄がタカラ(現タカラトミー)への渉外交渉・販売を担当した。 当時、こういうお土産としてのリカちゃんの企画・販売は例が無く、交渉は難航した。また、紅型と、花笠を制作する沖縄の琉球人形職人達が高齢の為、衣装の生産が遅れ、本製品の販売までのプロセスの中で最も困難だったと担当者が語っている。

衣装である沖縄の伝統衣装の紅型と、花笠は、沖縄で熟練の琉球人形職人の手により製作され、福島県のリカちゃんキャッスルに送られて人形の素体に着せられて、再び沖縄に送られてジェイティービー沖縄から販売された。流行の絶頂だったドールブームの追い風もあり、発売後すぐに完売となり、衣装や付属品、箱や髪型などが異なるパート2がリリースされた。当時ご当地限定玩具はまだ認知されていなかったが、琉球リカちゃんの爆発的なヒットを受けて全国でご当地リカちゃんが発売される事になった。また、琉球リカちゃん人形(1/6ドール)とは別に、姉妹品の琉球リカちゃんキーホルダーや、ストラップも追って発売され、これは35万個も売れるメガヒットとなる。その後、東京おもちゃショータカラのブースではご当地リカちゃんの展示が定番化され、商談日には特注の案内が配布されるようになった。現在までに北海道から九州、沖縄まで数十種類のご当地リカちゃん(主にリカちゃんキーホルダー)が各地で発売されている。

バリエーション

  • 琉球リカちゃん パート1(5000体限定)1999年春 発売
  • 琉球リカちゃん パート2(5000体限定)1999年秋 発売
  • サミットリカちゃん(生産数非公開)2000年発売

特記事項

  • 一般の玩具店でも発売はされず、バナナフレーバースジェイティービー沖縄、一部の土産物店でのみの販売だった。
  • パート1、パート2のベースは中学生リカちゃんが使われた。
  • パート1、パート2の唇のカラーは、当時流行の資生堂の口紅ピエヌの色番で特注された。
  • パート2には沖縄の伝統楽器四つ竹が付属する。
  • 琉球リカちゃんキーホルダーには、紅型+花笠の琉装とは別に、エイサーの衣装を来たものも存在する。
  • サミットリカちゃんは2000年に開催された第26回主要国首脳会議で各国要人や一部の海外の記者に記念品として贈られた。

後にタカラのHPで少量が限定販売されるが、要人に配られたバージョンとは付属品の仕様が若干異なる。

  • サミットリカちゃんバナナフレーバースの企画商品ではなく、外務省がタカラに発注したモデル。
  • サミットリカちゃんの付属品には「外務省 大臣官房 国際広報室 室長補佐 香山リカ」という名刺があった。
  • パート1の公式発売以前に、試作品として作られたプロトタイプが1998年に10体発売されている。

外部リンク